2021年10月03日

ランクル300指紋認証

今回のブログは表題通り、ランクル300の指紋認証について考えてみた。

私なりに調べたところ………

ランドクルーザー300に一部グレードを除いて装備される指紋認証エンジンスタートですが、スタートボタンにスマホのような指紋認証機能があり、指紋が登録したものと一致しないとエンジンがかからない、という装備です。


指紋の登録は2種類あり、

オーナーの指紋

ゲストの指紋

がそれぞれ登録可能だそうです。

ちなみに、ホテルのフロント等、指紋を登録していない人でもエンジンがかけられるようで、その際はリモコン本体をスタートボタンにかざしてエンジンをかけるようです。リレーアタックは無理っぽい。

指紋の登録や変更はオーナー自身で可能なようで、その際はおそらく、ではなく、当然の事ながら、オーナーの指紋指紋認証後に可能になると思います。

!!!!!!!待てよ!!!!!!!

ここで矛盾が………

じゃあ、このクルマが数年後、売却等で次のオーナーのものになった時、前オーナーが指紋認証を解除していなかったらど〜するんだろ?????

前オーナーに指紋認証してもらった後、登録するの??????

クルマはランクルです。海外へ輸出される中古車も多いと思います。

なんか、裏技の存在が見え隠れ………

でも、これって仕方がないんですよね。純正品は、

全ての人が取り扱える事、が大前提です。よってディーラーでの対応で何とかなる。

この指紋認証の防犯性能はディーラーでの安全管理体制にかかってくる、

と言っても過言ではないでしょう。

クルマではありませんが、アップルがアメリカの国家から犯罪者のiPhoneのロック解除を要請を受けたけど、拒否した話思い出したな。

これくらい厳しい管理が必要か?

posted by 代表取付役 at 10:37| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

これだけでは………

地元テレビ局、メ〜テレの情報番組、

https://news.yahoo.co.jp/articles/5199e937b686a0e7ab0a6f3b7ccb3129346b461f

リレーアタックによる犯行手口を防いだとの事ですが、

正直………

運も良かったかと……

最近の窃盗手口はリレーアタックから、CANインベーダーに変わってきています。

動画の内容での対策ではCANインベーダーは防げません。

この方もこれ以降はそっちの対策もおススメします。

あと………

リレーアタック対策にはリモコンを缶に入れると良い、とは何年も前から言われていますが、

缶の材質も大事です。

当店での実験では、スチール缶は若干電波洩れてます。今回は小さめの中継器だったようで、これが、出力の強いものですとちょっと心配………

アルミ缶がベストです。

今後はリレーアタックだけでなく、CANインベーダーの対策も忘れずに。
posted by 代表取付役 at 18:13| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする