2014年05月24日

Grgoフルモデルチェンジの詳細!

久しぶりの更新です。

2月あたりから、増税前の駆け込み需要にリンクして超多忙な毎日を過ごしておりました。当店も創業から今月で15年目を迎えますが、いままで経験した事の無いものでした。

ご成約から取付まで、結構な期間をお待たせしてしまったお客様、申し訳ございませんでした。

5月も終盤になり、ようやくいつものペースを取り戻し、ブログの再開です。

2月ごろにフルモデルチェンを迎えた、Grgoですが、よくお客様から、何が変わったの?とのご質問をうけております。

ここに主な変更点をご説明させていただこうと思います。

@サイレン音の音色、音量が調整可能となりました。
6種類の音色、音量は大、小、OFFの中から選択できます。これらが、セキュリティ操作時、接近警告時、弱衝撃警告時、警報時と各シチュエーション別で選択可能です。特にマイクロ波センサーを取り付けた場合、弱衝撃の音とは別に、接近時のみで、音を小さくしたり、音は出さずに、ハザードフラッシュのみでの警告等、バリエーションが増えました。これにより、“車に近づいただけで反応してしまう”接近センサーの取付をためらっていたお客様には朗報です!


Aマイクロ波センサーのレスポンスが、“うろつき”と“のぞき込み”の2種類から選択可能となりました。
マイクロ波センサーを取付されるお客様は、“車に近づくと、即座に警告してほしい!”“ 車の周りをある程度徘徊している場合のみ、警告してほしい!”とご要望が二手に分かれます。これは反応時のレスポンスの問題でして、従来型は後者のみでしたが、よりお客様の駐車場の環境にあったセッティングが可能となり、大変ご好評をいただいております。



BGrgo−ZXVはアンサーバックリモコンに加えて、1ウェイリモコンが付属し、アンサーバックリモコンも複数の登録が可能となりました。
従来モデルは、アンサーバックモデル全機種で、付属するリモコンは1個のみでした。価格は据え置きでリモコンが付属されるようになりましたので、その分がお値打ちとなっており、スペアリモコンがご入り用のお客様にはおすすめです。

本格的なアンサーバックリモコンも、複数登録可能です。(ZXリモコンに限る)


Cドライブレコーダーとリンクし、走行時、警告時、警報時に録画が可能となりました。
別売のドライブレコーダー接続ケーブルを使用し、車両走行時の撮影はもちろん、セキュリティが警告や警報を発した際もドライブレコーダーを起動し、撮影を行う事が可能です。ただし、ドライブレコーダーは起動から撮影までの立ち上がりにタイムラグが生じます。セキュリティ面での利用を重視される方はなるべく立ち上がりの早い機種をおすすめいたします。

既にたくさんの施工実績があります。お気軽にご相談ください。



posted by 代表取付役 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 新商品情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック