2020年04月10日

作業日記

先回、先々回とセキュリティ以外の取付作業でしたが、今回はセキュリティの取付作業です。

そのクルマは………

プラド!
IMG_5794.JPG

ブログ掲載が最も多いかもしれませんね。

クリフォードのセキュリティを取り付けます。

作業開始!
IMG_5798.JPG

クリフォード G6シリーズ、Intellig Guard 880Jを取り付けます。

Intelli Guard 880Jとその一つ下の Concept 480Jの大きな違いは、IG880Jには傾斜センサーが標準装備されている以外に、衝撃センサーが高感度タイプのオムニセンサーになります。

特にプラドの場合、車両最後方のガラスが開閉式のガラスハッチになっています。こういった車体に直接固定されていない、なおかつ、センサーの取り付け部分から最も遠い場所って………

衝撃の伝達が悪く、一般的な衝撃センサーでは検知しにくい、もしくは検知しきれない事が多いですが、

オムニセンサーならバッチリです!

プラドの為にあるようなセンサー!

までは言い過ぎか………

そして、たまにブログで触れる話題ですが、このクルマ、純正オプションのエンジンスターターが付いています。

しかし、クリフォードのような社外ブランドセキュリティは純正スターターに干渉してしまい、セキュリティ警戒中にスターター起動すると、

エンジンがかからない、

サイレンが鳴ってしまう、

といった問題が出てきてしまいます。

そのため、一旦セキュリティを解除後、純正スターターを操作、と煩雑な操作になってしまいます。

リモコンも純正スターター、セキュリティと二個持ちになります。

こういった理由から、セキュリティのブランド純正のスターターが存在する理由です。

おクルマ購入時、セキュリティ以外にエンジンスターターの取付を検討する際は、セキュリティの純正オプション品をおススメします。

オーナーのK様、ありがとうございました。
IMG_5801.JPG

IMG_5803.JPG







posted by 代表取付役 at 12:48| Comment(0) | セキュリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする