2019年12月08日

作業日記!

今回はリピーター様の中でも、大常連のお客様からのご依頼!

クルマはBMW 428i グランクーペです。
IMG_5173.JPG

Grgoのセキュリティを取り付けます。

BMWって、本国仕様では、純正セキュリティが標準で装備されている車種もあるようですが、日本仕様になると、セキュリティ機能が外されている車種が多いです。

この428iもその類でして、今回ご依頼頂いた次第です。

BMWに限らず、近年の輸入車は日本車と比べると、コンピューター通信が多様化されており、セキュリティ本体が接続できる、アナログ信号の配線がほとんどありません。

アナログ信号の配線まで、接続をしに行こうとしますと、かなりの手間を要してしまいます。

こういった理由から、車両のコンピューター信号をアナログ信号に変換する、CAN−BUSアダプターというデバイスを使用して取り付けるのが一般的です。

特にBMWの場合、車両のアナログスイッチ自体も特殊な構造となっておりますので、CAN−BUSアダプターはマストアイテムです。

LEDはルームミラーの下側にあるドーム状の部分の中に取り付けました!
IMG_5176.JPG

ここは本来、純正セキュリティのLEDが付く場所です。今回はオーナー様より、純正風の仕上がりというご要望を頂いておりますので、ルームミラーを分解、配線して設置!
IMG_5169.JPG

光るとこんな感じ!純正は赤ですが、純正の位置ながら、青色の点滅が社外ブランドをアピール!
IMG_5177.JPG

オーナーのK様、最初のご縁のレガシィから5台目のご依頼ありがとうございます。

posted by 代表取付役 at 11:05| Comment(0) | セキュリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする