2019年12月25日

盗難されたクルマは………

クルマの盗難被害のおけるニュースでは、どのような手口で盗んでいったかが良く取り上げられますが、今回はその盗んだ車がどのように海外に流出してるかを取り上げたニュース動画です。



横行する盗難車“ロンダリング”手口とは

posted by 代表取付役 at 15:57| Comment(0) | セキュリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

作業日記!

以前ブログでご紹介した、BMWのオーナー様からの2台目のご依頼!

トヨタ iQです。
IMG_5225.JPG

今回はシンプルに、純正キーレス型のセキュリティ、Grgo−01/VUを取り付けました!

この機種はセキュリティ操作用の専用のリモコンは付属しません。純正キーレスのロック・アンロックに連動してセキュリティがON・OFFされます。

リモコンの付属はありませんが、社外セキュリティにはマストで付属する、ショックセンサーについても………

OFFしたり、回数制限をかけたりと、ちゃ〜んと切り替えできちゃうんです。

専用リモコンが付属しないなりに、工夫されていますね!

作業開始!
IMG_5221.JPG

ややボディ形状が特殊な事や、サイズもかなりコンパクトですので、車室内での配線作業が結構大変かな?

と思っていましたが………

2シーター二人乗りですので、想像以上に広く感じましたね。でもって、作業性もとてもよかったです。

LEDはココに設置!
IMG_5229.JPG


IMG_5230.JPG

オーナーのK様、この度もありがとうございました!
IMG_5228.JPG

posted by 代表取付役 at 10:43| Comment(0) | セキュリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

作業日記!

今回は業者様からのご依頼です。

当店の創業当初からのお客様ですので、もう20年近いお付き合いですね。

クルマは

BMW 1シリーズ、135i!
IMG_5188.JPG

日本車ですと、ナビと地デジ、バックカメラがセットになっているのはもはや当たり前なんですが、BMWはちょっと変わってまして、

1、2、3、4シリーズあたりですと、

地デジやバックカメラが無いんです………

だけど、不思議なことに、DVDプレーヤーはあるんですね。

という訳で、今回は地デジチューナー(もちろんフルセグ!)バックカメラを取り付けます。

しかし、元々地デジやバックカメラの取付を想定したナビではないので、地デジの映像や音声、バックカメラの映像を純正ナビモニターに映し出そうとしますと、

インターフェイスっていうユニットが必要です。簡単にご説明しますと、デスクトップのパソコンを例に例えます。パソコン本体とディスプレイの間には映像のケーブルがありますよね。このクルマのナビもそんな感じでして、ナビの本体ユニットとディスプレイを繋ぐケーブルの間にこのインターフェイスを取り付けます。インターフェイスから映像を割り込ませて映す。といった仕組みです。

作業開始!
インターフェイスの取付作業!
IMG_5193.JPG

バックカメラの取付!
IMG_5192.JPG


IMG_5194.JPG

できるだけ純正風に見栄え良く取り付けるには、バンパー埋め込みタイプがベスト!バンパーに穴あけ加工を行い取り付けます。バンパーをつけたまま行うショップもよくあるようですし、当店でもだいぶ慣れた作業でもあるので、外さずにやれなくもないですが………

穴あけ加工は一発勝負、当店ではバンパーを外して、ミリ単位までしっかりとセンターを測って行います。

まぁ、はっきり言って、数ミリ単位のズレなら許容範囲かもしれませんが、私的にはこだわっていきたい分ですので………

カメラ取付も完了!
IMG_5196.JPG

地デジ映像はこんな感じ!
全画面!
IMG_5199.JPG

左右分割の地デジ優先表示!
IMG_5197.JPG


左右分割のナビ優先表示!
IMG_5198.JPG

あっ!そういえば、このインターフェイスはテレナビキャンセラー機能もありますので、走行中も地デジは当然、純正DVDの視聴もできちゃうんです!

バックカメラはこんな感じ!
IMG_5200.JPG

もちろん、ハンドルを回すと、ガイドラインも動きますよ!カメラがど真ん中についていますので、左右のガイドラインの間隔と駐車場の白線とがぴったり等間隔!

T自販のT社長、ありがとうございました!






2019年12月15日

作業日記!

今回は当店のリピーター様の中でも、常連中の常連のオーナー様からのご依頼です。

クルマはレクサス RX450h!
IMG_5187.JPG

以前はセキュリティでお世話になりましたが、今回はエンジンスターターの追加のご依頼です。

作業開始!
IMG_5186.JPG

セキュリティのメインユニットに対しての、専用オプションのスターターですので、エンジンのスタート、ストップ操作もセキュリティのリモコンで出来ちゃいます。

動作はこんな感じ!今回は、スターターで始動したら、そのまま走行状態に移行可能な、ライド・アンド・ゴーも行っています。

そういえば最近急に寒くなったせいか、エンジンスターター付きのセキュリティシステムをご依頼いただく事が多いですね。

もちろん、今回のように、既にセキュリティを施工された方からのスターター追加もお請けしております。

大常連のH様、ありがとうございました。



posted by 代表取付役 at 18:12| Comment(0) | セキュリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

作業日記!

ご新規様からのご依頼!

クルマはレクサス LX!
IMG_5179.JPG

ごめんなさい。作業前の写真撮るの忘れました。

これじゃ何のクルマかわかんないですよね。

お客さんからよく言われます。
IMG_5178.JPG

「これってちゃんと元に戻せるの?」

もちろん戻せます。

取り付ける機種はClifford Intelliguard 880Jです!

クリフォードについても、お客さんからよく訊かれる質問があります。

「クリフォードって、サイレンが鳴った時、リモコンとかに通知来ますか?」

クリフォードの880J等のG5、G6シリーズは単方向ですので、リモコンへの通知機能がありません。

「じゃぁ、パンテーラやゴルゴの方が良いのでは?価格帯もそれに近いし………」

確かに、リモコン通知の機能は無いよりはあった方が良いと思いますが、

こういった2ウェイの機種は、常に車両からの通知を“待ち受け”していますので………

リモコンバッテリーの消費が多いです。

パンテーラですと、フル充電から大体2週間ぐらい、ゴルゴですと一か月ぐらいかな。

それに対して、クリフォードのG6シリーズは基本的にボタン押したときしか、電池を消費しないので、

年単位で持ちます。

リモコンへの通知機能か、リモコンバッテリーの持続性のどちらにメリットを感じるかはお客さん次第なんです。

その基準として、当店では、普段駐車される場所が、サイレンの聞こえる距離か否かでそれぞれをご提案させていただいてます。

日記書いている間にお車完成!

オーナーのS様、ありがとうございました。
IMG_5184.JPG


posted by 代表取付役 at 10:58| Comment(0) | セキュリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

作業日記!

今回はリピーター様の中でも、大常連のお客様からのご依頼!

クルマはBMW 428i グランクーペです。
IMG_5173.JPG

Grgoのセキュリティを取り付けます。

BMWって、本国仕様では、純正セキュリティが標準で装備されている車種もあるようですが、日本仕様になると、セキュリティ機能が外されている車種が多いです。

この428iもその類でして、今回ご依頼頂いた次第です。

BMWに限らず、近年の輸入車は日本車と比べると、コンピューター通信が多様化されており、セキュリティ本体が接続できる、アナログ信号の配線がほとんどありません。

アナログ信号の配線まで、接続をしに行こうとしますと、かなりの手間を要してしまいます。

こういった理由から、車両のコンピューター信号をアナログ信号に変換する、CAN−BUSアダプターというデバイスを使用して取り付けるのが一般的です。

特にBMWの場合、車両のアナログスイッチ自体も特殊な構造となっておりますので、CAN−BUSアダプターはマストアイテムです。

LEDはルームミラーの下側にあるドーム状の部分の中に取り付けました!
IMG_5176.JPG

ここは本来、純正セキュリティのLEDが付く場所です。今回はオーナー様より、純正風の仕上がりというご要望を頂いておりますので、ルームミラーを分解、配線して設置!
IMG_5169.JPG

光るとこんな感じ!純正は赤ですが、純正の位置ながら、青色の点滅が社外ブランドをアピール!
IMG_5177.JPG

オーナーのK様、最初のご縁のレガシィから5台目のご依頼ありがとうございます。

posted by 代表取付役 at 11:05| Comment(0) | セキュリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

作業日記!

今回はご新規様からのご依頼です。

クルマは

トヨタ タンドラ!
IMG_5160.JPG

北米のトヨタで生産されているクルマでして、日本へは並行輸入車として、輸入、販売されています。

う〜んデカい!全長が5.3メートル以上ありますので、近くで見ると、かなりの迫力があります。アメリカぐらい国土が広いと、これくらいのサイズでも全然取り回しに問題ないんだろうな。

クルマがかなり大きいのは想定しておりました。通常ですと当店ピットは前後に2台、MAX3台まで入りますが、本日の作業ピットはコレ一台!貸し切りで〜す!

取り付けるセキュリティはクリフォード!
IMG_5165.JPG

作業開始!
IMG_5155.JPG

ジャンクションボックスや、コネクター形状、配線の引き回しの特徴、内装パネルの組付けもやっぱりトヨタですね。しかし、左ハンドルなので、輸入車に取付してるのか、国産車に取付してるのか、かなり微妙な気持ちになります。

あっ!もちろんインストール技術は全然問題ありませんよ!

LEDはココに取り付けました!
IMG_5164.JPG

クリフォードのLEDはロゴが付いたベゼル付き!ブランドだけで機種選びをしたわけでは当然ありませんが、アメリカのクルマにはアメリカンブランドの機種が似合いますね!

オーナーのT様、ありがとうございました。
IMG_5166.JPG






posted by 代表取付役 at 15:33| Comment(0) | セキュリティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする